読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oriental Flowers

4コマで伝える出来事

〇〇は反抗期

f:id:minan0406:20160626135327j:plain

 

 先週の土曜日にセミプロのオーケストラの予行練習へ行きました。

弾く曲:

カルメン第2番の練習の途中…ある事に気づきました。

 

説明する前に写真を見ていただきたいです↓

f:id:minan0406:20160624080115j:plain

分かりました?

見えやすくする為に加工しましたが、それでも分からない方は下の画像を見たら、何かに気づきます。

f:id:minan0406:20160624080250j:plain

え…?どうしたの?

と思っているでしょうけど、4コマを見ればすぐに納得します。

(正直に言いますと、これはまだ良い方で、最初のころは真っ赤でした💦)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:minan0406:20160620172625j:plain

予行練習なので大丈夫なのですが、本番中は外に出て調整する事はできないので、その場で調整しながら弾くしかありません。

たとえ、弦が切れても、他の弦で演奏しないといけません。

しかし、これは決まったルールではなく、オーケストラによっては違うかもしれません。

 

弦が狂う原因:天候の変化

「天候の変化によって、弦の音が高くなってしまった」と、リリヤ先生(NZに住むチェロの先生)は言いました。

天候だけでなく、湿気が多すぎると、悪くなり、弦が狂います。

 

その翌日も(1度だけでしたが)弦が狂ってしまい、ホールの外へ行きましたが、チェロ仲間のアイリーン(仮名)がやってきて、調整してくれました。

ありがとうございます!助かりました!!

 

けど、木曜日も弦が何回か狂ってしまいました。

なんなの(# ゚Д゚)

 

新しい弦に変えて以来、私は毎日糸巻き(ペッグで黒くて回す物)を回しています。

ずっとバキキ、ガガッという不気味な音がなります(-_-;)

 

 交響曲第5番宗教改革』 メンデルスゾーン


メンデルスゾーンの曲は難易度の高いので、弾くのが大変です。

チェロは常に土台なのですが、素早く弾かなければいけません。慣れれば、気持ちよく感じます(笑)

 

 スペイン交響曲(作品番号21) ラロ


最初はかっこいいです(^^♪

でも、第2楽章からややこしいです…。

拍子が変わったり、テンポが変わったり……指揮者を見るか、その変化に慣れるしかありません。

 

カルメン」第1番・第2番 ビゼー

世界的に有名な曲「カルメン」ですね!!

けど…私の弓は重すぎてピチカート(指で弦をはじく事)しづらいんですよ💦

でも、ソリストが弾くので、ちゃんと支えないといけません。

 

 

 

 私は何となくAmazon見ていたら、良い商品が見つかりました!

糸巻きは硬くて回す事が出来なくて、調整ができない時もあるんですよ。

こういう時は乾いたタオルか、濡れたタオルで回していました。

 

しかし、これがあれば硬くなった糸巻きを塗れば、回しやすくなるみたいですね!

その上、いちいちタオルを取りに行く必要ナシ!!

時代が進むにつれ、段々便利な物へ変わっていくのですね(^^♪

 

チェロを習い始めた方、「回すのが怖い…」「硬すぎて手が痛くなる」と感じたらこの商品を買って使うのはどうでしょうか?

 

広告を非表示にする