Oriental Flowers

4コマで伝える出来事

謎の男の子

お題「誰にも信じてもらえない体験」

f:id:minan0406:20160618055023j:plain

 

 最近の話なのですが、シフォンはコンサートから帰ってきた後、兄ちゃんと私に話してくれました。

f:id:minan0406:20160707183134j:plain

…本当か?

シフォンは滅多に嘘つかないので、信じるべきか信じないべき分かりません(-_-;)

しかも、彼女によれば、ホール内の二階の席にいるはずのない制服を着た男の子がそこに立っていたそうです。

 

それに対し、兄ちゃんは、

嘘つけ!と言いました。

 

そりゃあ、言いたくなるわ。

 

おまけ

お題「昭和」

私の出身地は福岡県なので、福岡県に本当にあった事件を話したいと思います。

犬鳴峠リンチ焼殺事件(昭和63年)

※この物語は事実を元にしたフィクションです。

f:id:minan0406:20160805174037j:plain

上野さん(仮名)は親孝行な青年だったそうです。

…なのに何故こんな目に遭わなければいけなかったのか?

もし、上野さんが生きていたら今年46歳なっています。20年という短い生涯を少年たちによって終わってしまいました……。

参考記事⇩

 

 私が小学生の時に読んだ漫画です。

悪霊が沢山住み着く中、それを執行するのが執行人の六氷透(愛称がムヒョで小さい方)とドジな助手の草野次郎(愛称がロージーで大きい方)です。

ムヒョは天才で、どんなに強い相手でも倒す事が出来ますが、煉(いわゆる魔力のようなもの)が無くなると、眠りに着くのです。

一方、ロージーは二級書記官という階級の中でも一番下である上、幽霊が凄く苦手な少年なんです。しかし、彼はとても努力家で私たちに成長を見せてくれます。

 

漫画家・西義之先生は、ホラーが苦手なのにホラー漫画を描くというちょっとおかしな方です(笑)

どれ程怖がりなの言うと、布団の中に入る程だそうです…。大丈夫?

広告を非表示にする