Oriental Flowers

4コマで伝える出来事

空気の読めない兄、そして母の夢は崩壊させた

子供は成長につれ、違う考えを抱くようになりますよね~。

それが時に余計な発言を口にすると、子供の夢を崩壊させてしまいますよね。

 

しかし、それだけでなく、イメージだけ勝手に良い人だと思っていたら、実際に会うとイメージとは全く違う人だったり(笑)

実際に会ってない人でも自分が想像とは違ったりします。

 

例えば、ウォルフガング・アマデウンス・モーツァルト

http://attrip.jp/wp-content/uploads/2015/03/81VDaop7qIL._SY470_.jpg

画像:モーツァルト「渾身の名曲で何故皆寝てしまうのか」

 

とても品の良さそうな人に見えますが、実は性格は子供っぽいのです

精神的にも幼く、下品な作曲家です。

私は学習漫画を読んだのですが、姉宛ての手紙には「お姉さん。お母さんのオッパイにチュッ♡」と書いて、姉・ナンネルに怒らせたようです(;´Д`)

それだけでなく、曲までもが下品です💧

…一体なんの為に作ったのか。

 

ここからは音楽とは関係のない出来事ですが、母は幼い頃、兄(私からしたらおじに当たる)に言われたショックな一言があったようです。

※母の証言を基に想像したフィクションです。

f:id:minan0406:20160907055455j:plain

空気を読みなさいよ!く・う・き‼

 

母は4兄妹の末っ子で、歳がかなり離れているのです。

兄2人いるのですが、どっちが言ってしまったのか忘れたそうです。

 

多分、長男のパトリックおじさん(父の姉・まみちゃんと同い年)だと思いますよ。

でも…次男のチャーリーおじさん(父と同い年)も言うのかなー?

ちなみに2人はあまり相性良くないです…。

1人はいい加減で1人は真面目。なんだよ………。

 

 

 

豆知識1

空気を読んでは英語でRead the situationでした。

シチュエーションと書けば、「貴方、どんな状況か読めないの⁉」となるので、「空気読めない」と同じ意味になりますね。

 

豆知識2

エディちゃんから教えてもらった英単語です。漫画の翻訳の手伝いをしてもらった時に教えてもらったのです。

Air head

実は、頭空っぽという意味、つまり「アホ」「バカ」という意味になるのです。

彼によれば、idiot(バカ)よりも柔らかい感じがするようです。

 

実際、サヴァン症候群は元々Idiot Savant(賢い愚か)と発見された頃にはそう名付けたそうですが、差別的な感じがするという事で、サヴァン症候群となり、世界中にその名を広まったそいですよ。

サヴァン症候群 - Wikipedia

 

ちなみに私は軽度の自閉症ですが、サヴァンではないです。

サヴァンは知能が低い代わりに皆に驚かせるような才能を持った人の事なので……

この人は発達障害=天才ではありません!

なので、勝手にイメージだけで判断しないで下さい‼

 

Youtubeのコメントには、「(空気の読めない)アスペでも許せない」と書かれてあったので、それを見て凄くショックでした。

広告を非表示にする