読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oriental Flowers

4コマで伝える出来事

絵画教室へ通い始めたキッカケはあの日の出来事①

私はちゃおと出会って以来、絵を描き続けました。

とは言っても、ジャンルに限ります。

 私の場合は、漫画風で、主に「優しい」「レトロ」「水彩」「幻想」がテーマです。私の好きなジャンルは「ファンタジー」と「日常」と「恋愛」と「コメディー」です。

 

とはいえ、スケッチは得意ではありませんでした。

f:id:minan0406:20161003160657j:plain

そのまま渡す形になってしまった。

 

その絵にバーコードを貼ってしまったというハプニングが起きました。

田中さん一家の出身地が分かっていても、住所知らないので、ママ先生(パパ先生の妻でピアノ先生)に田中さんに渡すよう頼みました。

…というか、住所知る必要ないと思います。個人情報ですから。

 

渡してから数時間後、田中さんから母へメールを返信したと聞いて、内容を見ました。そしたら、お兄さんの方が喜んだそうです。

え?あんなへたくそなのに??

 

本当に思い出したくないです。

これは絵心ない芸人に入れるレベルですよ。なので、見ただけでも吐きそうになります…。

 

 

 

豆知識1

後に判明したのですが、そのバーコードは、妹と一緒にその絵を印刷して携帯のカメラで読み取ってみたら、父の仕事場のサイトでした。

ええ、そうそう。父の仕事場は忍者学校なんですよ。うんうん。

…うそです。

 

豆知識2

出来事はそれだけでなく、車をスケッチしたら、祖父母(母親側)から「車が小さい、それじゃあまるでおもちゃじゃないか」と言われました(´;ω;`)

美術の時間でも、描いた上靴を描くと「小さい」と言われました。

 

 

豆知識3

私が使用したのは古いソフトウェアと古いペンタブです。真っ白なペンタブ。

私が小学4年生か5年生ぐらいの時に母が買ってもらったのです。私は母と一緒に電気屋へ行って、たまたまその商品のパッケージを見て、目がキラキラ輝きました。

 

 この商品ですが、マウスはついておりませんでした。

 パッケージを見て、「へぇ、こんなん描けるん?描きたい~!」と思って母に「これ買って」と言わず、指を指しました。

その出来事をいつか描きたいと思います。

 

私が現在持っているのはこれです⇩

 

 

広告を非表示にする