Oriental Flowers

4コマで伝える出来事

マレーシアでは1つの文章に4か国語で完璧に話すことができる

こんにちは、週に1度マニキュアを塗り直すブログ著者・みなんです。

 

本題の前に…「マレーシアのお土産」

実は、ゴールデンウイークの1週間ぐらい前にマレーシアから帰ってきたおば・リリアンからお土産を貰いました。

それがとても小さなマニキュア3点セット⇩

f:id:minan0406:20170429102935j:plain

ちなみにフランス製です。

派手な色とラメはウチの好みじゃないが、さっそく塗ろう!

f:id:minan0406:20170429103135j:plain

f:id:minan0406:20170429103119j:plain

いつも水色と青なのであまり見慣れない…。

  

一番上の写真をズームすれば分かりますが、英語だけでなく中国語も書かれています。

「マレーシア人=多言語で話す」というイメージがあると思いますが、それは事実です。

 

※環境によって異なります。英語の話せないマレー人もいます。

 

 本題

実はこれらのマニキュアを貰う半年ほど前に母はマレーシアの日常について話をしてくれました。

f:id:minan0406:20170429124009j:plain

 

 

 【3コマ目のマレーシアのセリフ】

  •  Roti=インドのナンより薄いパン。カレーと付けるととても美味しい。
  • Kosong=空っぽ・白い・無地。中国語?
  • 打包(ダバオ)=お持ち帰り。広東語?北京語?
  • Dua=マレー語で「2」。
  • Ah Neh=「インド人男」という意味だが、あまりふさわしくないらしい

 

 

あるイラストを基にヘタリア風に描いた漫画なのです。

f:id:minan0406:20170429125534j:plain

イラストレーターのFacebookページ:https://www.facebook.com/BmonTuYaRiJi/

 

 

豆知識

英語だとRightのようにghは発音しませんが、マレー語だと❝k❞は発音しません。

例:Nasi Lemak(ナシレマッ)

  Alamak(あらまぁ!)

 

 

 

 

広告を非表示にする