Oriental Flowers

4コマで伝える出来事

自分で自己紹介すらできなかった…他人の目線による恐怖

ラジオ風記事にも載せました。

 

私は幼い頃から大人しく一人遊びの多かった子です。

でも、友達と一緒に遊んだこともあり、幼稚園が閉園するまでの1年間は幼馴染2人と一緒にダンゴムシ集めしたりなどよく遊んでいました。

 

 口数が非常に少なく、「喋るみなんがレア」と両親に言われる程。

 今ではうるさいですけどね。よく話す(特に家族と親戚の前ではね)

 

 

でも、決して場面緘黙症(ばめんかんもくしょう:特定の状況や特定の場所で話すことができなくなる症状)ではないです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 踊ることも自己紹介もできない…心の闇

踊りたくなかったという理由でもありました。そう聞くとまるで超自己中な人みたいですね(苦笑)

f:id:minan0406:20170627180223j:plain

それを3年間クラスメイトに任せっきりでした。

 

 

幼稚園に入園して3年間踊りませんでした。幼稚園の行事なのでお遊戯会や運動会に参加はしましたが、何も踊らずその場で立ったまま終わっていました。

 

小学生から踊り始めましたが、自己紹介はできませんでした。

他人の視線を恐怖心を感じる上に圧力を感じて口を動かすことができないし、目線を合わせることもできませんでした。

自分でやらないといけない事は分かっているのですが、思わず沈黙が続いてしまいてクラスメイトに任せてしまいました…。

 

 

自立しないといけないと分かっていたので、小学4年生から自分で自己紹介するようになりましたが、目線を合わせることはできませんでした。

合わせることができるようになったのは最近です。

 

 

 

 

 

 

f:id:minan0406:20170501191819j:plain

f:id:minan0406:20170519191432j:plain

広告を非表示にする